>イチオシ情報>どこでマニュアル作成の自動ツールが利用できるのか

どこでマニュアル作成の自動ツールが利用できるのか

男女

マニュアル作成ツールでは、作成データを様々な形でアウトプットすることが簡単に出来ます。マニュアルというと分厚い紙資料というイメージがまだ強いかもしれませんが、どこでも気軽に紙を広げることが出来る訳ではありませんよね。そんな時に、動画や画像で簡単に確認できるマニュアルがあれば、非常に現場で役立ちます。しかも実際に操作を行ったものを自動的にマニュアル化してくれるツールで作成すれば、非常にスピーディーに万人に伝わるマニュアルが作れます。近年普及が著しいクラウド型のシステムであれば、モニタ一つで常に最新のマニュアルをどこからでもチェックすることが可能。作成する側も確認する側も、時と場所を選ばない活用が可能です。

マニュアルは、1度作成すれば未来永劫使えるというものではなく、常に最新の状態にバージョンアップされ続けなければ意味のないものです。従来のバージョンアップでは、その時々に作業を行う人の作業環境によって毎回仕様が変更され、バラつきが出ることが大きな問題でした。元は同じ一つのマニュアルでも、現場ごとに更新されて行くうちにそれぞれ独自の内容に書き換えられてしまったのでは、統一が図れませんよね。専門のマニュアル作成ツールなら、更新する人員が例えたくさんいたとしたとしても、ばらつきが出ることなく、一定の品質を保つことが出来ます。組織内のすべてにおいて共有されなければマニュアルとは言えません。統一された専用ツールを導入することは、企業自体の品質保持にもとても重要なことです。

複数の人