チャットシステムといったシステムは業務を助けてくれる

どこでマニュアル作成の自動ツールが利用できるのか

専用のマニュアル作成ツールでマニュアルを作成すると、紙媒体以外の形でもマニュアルを作成、閲覧できるため現場での汎用性があります。複数の現場で更新作業が行われても内容にばらつきが出ないため、常に業務品質を一定に保つことも出来ます。

Review

PC操作

eラーニングシステムを実際に導入している方の意見

eラーニングシステムは初期費用が安いだけでなく、受講者一人あたりにかかる費用が安いところも魅力的です。データの収集や管理も簡単に行えるために、機械操作が苦手でも問題ありません。

チャット

どうやってチャットシステムを選んだのか聞いてみた

チャットシステムは、様々なサービスを比較してから導入することが大事です。きちんとしたサービスを選択して導入することでとても大きなメリットがあります。どんな仕組みやサービスを選択するのかがとても大切なポイントです。

PC操作

マニュアル作成の自動ツールを使っている方の声

マニュアル作成ツールがあれば工業関係の事故を防ぐ事ができる可能性もありますし、接客対応のミスも防ぎやすいです。新人のスタッフの指導のためにも役立てる事ができて、生産性を高める事に繋がります。

男性

どんな点に着目してeラーニングシステムを導入したのか

タブレットやスマートフォンからも利用できるeラーニングシステムは、社内にいる時だけでなく外出中でも勉強をする事が可能です。機械操作が苦手な人でも扱いやすいよう、工夫されている点も評価できます。

チャット

チャットシステムにして良かったことは何?

デスクから離れずに複数の社員と話し合いができて、ファイルを受け渡しながら修正作業を進められるのがチャットシステムの利点です。メッセージが送信されてきた事にも気付きやすくて、新入社員でも扱いやすいと感じられます。

チャットシステムがあれば意思疎通がしやすくなる

男性

業務で決まっていること、これからどのように計画を進めていくのかということを、スタッフ同士で確認しておく必要があります。しかし、どの部署で何が必要なのは、それぞれ違ってくるため煩雑になりすぎてもよくありません。知っておいた方がいいことを優先的に整理して確認しなければならないのです。人数が少なければそういった問題はあまり出にくいですが、スタッフの数が多くなればなるほど問題は多く、そして大きくなっていきます。チャットシステムやマニュアル作成ツール、そしてeラーニングシステムのようなツールを使って管理しやすいようにしておくべきです。手動で管理するのももちろんやりやすい面はありますが、一度に共有しやすいという面においてはデータ化されていたほうがいいです。チャットシステムは毎回のやり取りを残すことができるので、忘れないようにタスク化もしやすいです。このように、便利なシステムがたくさんあるので、社内で起きている問題を解決するために利用しましょう。